カテゴリー別アーカイブ: 著名人のプロポーズニュース

一生に一度しか出会えないヒト

10年間友人関係だった二人が結婚。

元Jリーガーの辻上裕章(39)とサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)のエースとして長く活躍した澤穂希(37)。

交際8ヶ月という電撃結婚でした。

プロポーズの言葉を澤穂希は「それは2人だけの中にしまっておきたい」としていたが

辻上裕章結婚発表後の囲み取材で語っていました。

現在妊娠中の澤穂希。

とにかく強くてサッカーばかりやっているイメージがある女性ですが、実は女子力がとても高く、チームメイトからも「いいお嫁さんになる」と評価されていたそうです。

そんなチームメイトには結婚会見まで結婚する事を黙っていたというサプライズぶり。

それでも婚約指輪の存在はチームメイトにはばれていたということですが。

チームメイトも怖くて聞けなかったという・・・怖くてって。

「結婚するならサッカーを知らない人」とかつて語っていた澤穂希。

そんな彼女の考えを覆すほどの魅力が辻上裕章にあったってことですよね。

元Jリーガーの上に現在も育成スタッフとして働いているというサッカー知り尽くしている男性なんで理想とは全く逆ですからね。

そんなプロポーズの言葉が

「一生に一度しか出会えない女性と、出会った幸せをつかむのか、それとも、そこから逃げるのか。僕は、手を取り合って進もうと決断しました」

スポーツでチャンスをつかむのか、逃すのかみたいな感じですかね。

かっこいいです。

「一生に一度しか出会えない女性」って深い意味がありそうですよね。

思いがけないサプライズ

獲得賞金370億円以上の人気ジョッキー・福永祐一が妻である元・フジテレビアナウンサーの松尾翠に贈ったプロポーズ。

全容を松尾翠がテレビで語って話題を集めました。

・プレプロポーズ

 普段通りに家でソファに居るときに「結婚しよう」

・プロポーズ

 ホワイトデーに初デートで行ったレストランを予約

 指輪のケースをぱかっとやって「結婚して下さい」

・サプライズ

 ホテルを予約したからとホテルに行ったら部屋が飾り付けされていて

 シャンパンとクラッカーが2つ。

 クラッカーをぱんっとやったら、同僚や親友、番組スタッフなど仲がいい人たちが20人くらいぱーっと出てきて「婚約おめでとう!」

これは完璧ないいプロポーズではないでしょうか。

ちなみに松尾翠はフジテレビきっての人気女性アナとして活躍していました。

こういう女性を射止めるにはやっぱりこのくらいのプロポーズはしなきゃいけないんでしょうね。

「結婚して下さい」の前には

「レースで死ぬかもしれない。それでも結婚してくれるか」というフレーズ。

もうかっこよすぎるでしょう。

実際に結婚後に落馬して重傷を負った福永祐一。

妻の支えがあって復帰しています。

彼女の友人知人に根回しするのは結構難しいものです。

結婚式で何かをお願いするとかちょくちょく一緒に遊びにいくとかじゃないと会わないですよね・・・。

いや、だからこそ逆にサプライズにはもってこいなのかも?

SNSでオープンにつながりをもってる友達ならいけるかもしれないですね。

指輪に刻むプロポーズ

歌舞伎俳優の片岡愛之助(44)と女優の藤原紀香(45)が結婚しましたね。

結婚会見では「正式にプロポーズはしていない」と話していた片岡愛之助。

しかし、帝国ホテルで結婚披露宴を行ったときに会見で

プロポーズの言葉は「指輪の中に刻みました」と告白しています。

923日に京都・上賀茂神社での挙式で交換した結婚指輪にプロポーズの言葉を刻んでいるというのです。

これはすごいですよね。

絶対お互い忘れる事がないですし脚色される事もないです。

ring-631383_640

片岡愛之助は照れながら「気の利いた言葉が思い浮かばなくて、ふと浮かんだ」と言っています。

指輪を受け取った藤原紀香は「すごく喜んでいた」んだとか。

見て分かるくらいに喜んでくれたなら

指輪に言葉を刻むという一手間をかけたのが本当によかったと思えますよね。

指輪に刻まれた言葉は吾が君を想う来世迄も(あがきみをおもうらいせいまでも)

生まれ変わっても君を想うという永久の愛を誓っています。

紆余曲折があってもバツ1でも新しい出発が永遠に繋がるプロポーズだと思います。

生まれ変わっても彼女と一緒にいたいと伝えて喜んでくれたら嬉しいでしょうね。

結婚指輪や婚約指輪に名前やメッセージを刻むってことはよく聞きますが、日本語を刻んであるのはめずらしいと思うんですよ。

日本語の方がより伝わる気はしますね。